融通念仏宗のご本尊と歴史

ご本尊

十一尊天得如来
(じゅういっそんてんとくにょらい)

脇侍

ご本尊に向かって右側…良忍上人
ご本尊に向かって左側…法明上人

融通念仏宗の本尊と脇侍

開祖

良忍上人(1072~1132)

宗紋

融通念仏宗の宗紋

お唱えする言葉

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

経典

『華厳経』『法華経』

総本山

大念仏寺 大阪市平野区平野上町

教義

融通のはたらき(溶け合い和合すること)の中では、一人の念仏は小さくとも、同時に一切の人に功徳を分かち、一切の人の念仏が一人の上に注がれてくる。
念仏こそすべての善行の根本であり、すべての善行は念仏の中に摂(おさ)まってくるため、信徒は毎朝十遍の念仏と、日課念仏百遍を称えることが大切なつとめと説いています。

融通念仏宗の歴史

 融通念仏宗は、良忍上人によって開かれた宗派です。
 良忍は十二歳から比叡山で堂僧(堂守り)として修業する傍ら、天台の学問はもとより密教や戒律の修法にも努め、二十一歳で多くの学侶を教導する講主の職に任ぜられることになります。しかし学問の議論ばかりが先走り、真に道を求める心が薄れていることを嘆いていた良忍には、当時の比叡山は決して修行に適した環境ではなくなっていました。
 そして、二十三歳にして良忍は洛北大原に隠棲して修練を積み、1117年(永久5年)阿弥陀仏の示現を受け、「1人の念仏が万人の念仏に通じる」という自他の念仏が相即融合しあうという立場から融通念仏を創始し、称名念仏で浄土に生まれると説き、結縁した人々の名を記入する名帳を携えて各地で勧進を行いました。四天王寺に参籠した時に見た霊夢により、摂津国住吉郡平野庄(現大阪市平野区)の領主の坂上広野の邸宅地に開いた修楽寺が、その後の融通念仏の総本山の大念仏寺の前身です。

泉屋運営の霊園パンフレット・仏事の基礎知識の資料請求・お問い合わせ
泉屋運営の霊園見学のご予約フォーム
Shop List 泉屋仏壇店一覧
Soul Garden List 泉屋運営の霊園一覧
Funeral Link 泉屋葬儀・家族葬サイトリンク