お墓のお引越し(改葬)方法

近年、様々な社会的背景から、住んでいる地域とお守りしているお墓が離れてしまい、なかなかお参りに行けなくてお困りの方が多いようです。
そんな方にお勧めなのが「お墓のお引越し(改葬)」です。

お墓の改葬は大きく分けると、

の二種類に分かれます。
いずれの場合も、スムーズに行うには、手順をしっかりと把握しておくことが重要です。

改葬の準備をする

新しい墓地の確保

墓地によっては、古い墓石の持込みを拒む場合もあります。
改葬の受け入れが可能かどうか、事前に必ずチェックしましょう。

移転元へのお知らせ

移転元の管理者におかしな誤解が生じないよう、改葬に至る経緯を誠意を持って説明しましょう。これは寺院墓地に特に言えることで、先祖代々のお付き合いであるなら尚更です。
日常的にお世話になっているわけですから、そのお礼も述べると更に心がこもるのではないでしょうか。

親族へのお知らせ

お墓を他へ移すことに拒否感を持つ人もいますから、後からもめることのないよう事前に親族の方々の理解を得ておきましょう。

【A】新しい墓石を建立する場合

【B】墓石ごと移転させる場合

改葬許可証の申請方法

改葬先の墓地・霊園に「受入証明書」(永代使用許可証のコピーでも可)を発行してもらう
古い墓地のある地域の市区町村役所で用意されている「改葬許可申請書」をもらい、必要事項を記入する(※市区町村のホームページ上にPDFファイルが用意されている場合もある)
埋葬の証明のため、古い墓地の管理者に署名捺印をもらう
古い墓地の所在地の役所に、「受入証明書」と、署名捺印済みの「改葬許可申請書」を提出する
役所より改葬許可証を受け取る

※地域によって、必要な書類が違う場合があります