曹洞宗のご本尊と歴史

ご本尊

釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)

脇侍

ご本尊に向かって右側……高祖道元禅師
ご本尊に向かって左側……太祖瑩山禅師

曹洞宗の本尊と脇侍

高祖

道元禅師 (1200~1253)永平寺の開山

太祖

瑩山禅師 (1268~1325)総持寺の開山

宗紋

曹洞宗の宗紋

お唱えする言葉

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

経典

『般若心経』 『観音経』 『修証義』

本山

大本山永平寺福井県吉田郡永平寺町
大本山総持寺横浜市鶴見区鶴見町

教義

わたしたちはみな仏であり、生まれながらに仏心を具えています。しかし、それに気づかずに我まま勝手の生活をして苦しみ悩みの元を作っています。
ひとたび仏さまに懺悔し帰依するならば、心が落ち着いておのずから生活が調えられて明るくなり、社会の役に立つことを喜び、また、どんな苦難にも耐えて生き抜こうとする信念が生まれます。そこに生きがいと幸福を発見するのが曹洞宗の教えであります。

曹洞宗の歴史

 曹洞宗は中国にあった宗派ですが、日本で開いたのは道元という僧侶です。
 道元は十三歳で出家し、比叡山で修行を始めます。しかし、本来仏である人間がどうして修行しなければならないのか、という疑問がわいてきました。そこで、山を下り、栄西の門下に入ったのです。
 本来の禅を知りたくなった道元は、二十四歳の時、宋に渡って厳しい修行を続けました。そして得た悟りは、ただひたすらに坐禅しなさいということなのでした。
 臨済宗では坐禅が悟りを開くための修行であるとの考えですが、道元は坐禅そのものが悟りである、坐る姿が仏であると信じることが大切だと説いています。

泉屋運営の霊園パンフレット・仏事の基礎知識の資料請求・お問い合わせ
泉屋運営の霊園見学のご予約フォーム
Shop List 泉屋仏壇店一覧
Soul Garden List 泉屋運営の霊園一覧
Funeral Link 泉屋葬儀・家族葬サイトリンク