真言宗のご本尊と歴史

ご本尊

大日如来(だいにちにょらい)

脇侍

ご本尊に向かって右側…弘法大師
ご本尊に向かって左側…不動明王

真言宗の本尊と脇侍

宗祖

弘法大師(空海)(774〜835)

お唱えする言葉

南無大師遍照金剛
(なむたいしへんじょうこんごう)

本山

総本山

高野山真言宗 金剛峯寺 和歌山県高野町

各派本山

真言宗泉涌寺派 泉涌寺 京都市
東寺真言宗 教王護国寺 京都市
真言宗大覚寺派 大覚寺 京都市
真言宗御室派 仁和寺 京都市
真言宗智山派 智積院 京都市
新義真言宗 根来寺 和歌山県岩出町
真言宗豊山派 長谷寺 奈良県桜井市

経典

『大日経』『金剛頂経』『理趣経』『般若心経』『光明真言』

教義

真言とは仏の真の言葉、それを心と体で体得し即身成仏を説く考え。すべての仏教は欲望を絶つことを説いていますが、煩悩即菩薩、現実の世に仏になることを教えています。

真言宗の歴史

 真言宗をおこしたのは、弘法大師と呼ばれていた空海です。空海は今から約千二百年前、平安時代のお坊さんですが、「弘法も筆のあやまり」のことわざにもなっているように、筆の達人でもありました。
 空海はまた、社会事業に活躍したことでも知られており、日本最初の大学といわれる綜芸種智院を設立しましたし、技師として四国の満濃池を修築するなど、さまざまな土木事業を指導しました。
 唐にわたって密教を学んだ空海の活動の舞台となったのは、高野山の金剛峯寺、京都の東寺です。密教では、宇宙が大日如来と呼ばれる仏そのものであるとします。
 そして、空海は仏の前では人間は平等であり、大日如来と一体になって修行すれば、誰でも仏になれる、と説きました。こうした空海の教えはその後、貴族だけではなく庶民の間にも広がり、今日まで続いています。

泉屋運営の霊園パンフレット・仏事の基礎知識の資料請求・お問い合わせ
泉屋運営の霊園見学のご予約フォーム
Shop List 泉屋仏壇店一覧
Soul Garden List 泉屋運営の霊園一覧
Funeral Link 泉屋葬儀・家族葬サイトリンク