真宗大谷派のご本尊と歴史

ご本尊

阿弥陀如来(あみだにょらい)

脇侍

ご本尊に向かって右側…十字名号(または親鸞聖人)
ご本尊に向かって左側…九字名号(または蓮如上人)

真宗大谷派の本尊と脇侍

開祖

見真大師 親鸞聖人(1173~1262)

宗紋

お唱えする言葉

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

経典

『無量寿経』『観無量寿教』『阿弥陀経』

本山

真宗本廟(東本願寺)
京都府京都市下京区烏丸通七条上る

教義

阿弥陀如来の本願を信じ、ただひたすらに念仏し、浄土に往生する絶対他力の教え。

真宗大谷派の歴史

 浄土真宗を開いたのは、親鸞といって法然の弟子の僧侶です。
 浄土真宗を開くまで、親鸞は越後から関東地方の各地を回って法然の教えを広めていました。親鸞が越後に行ったのは、法然の流罪にともなって、越後に流されたからです。
 そして、この布教の間に法然の教えをおしすすめ、親鸞自身の考えを確立したのです。
 親鸞の教えは、自分の修行や知識ではなく、ただ仏の力に頼ることだけが救われる道である。だから、念仏を唱えることではなく阿弥陀仏を信じさえすればどんなに罪深い人でも救われる、というものです。そしてまた、善行の底にひそむ打算と名誉欲にかられている人は阿弥陀如来の救いからは遠いとも説いています。
 つまり、自分の力で救われるのではなく、阿弥陀さまにすべてをまかせなさい、との教えなのです。

泉屋運営の霊園パンフレット・仏事の基礎知識の資料請求・お問い合わせ
泉屋運営の霊園見学のご予約フォーム
Shop List 泉屋仏壇店一覧
Soul Garden List 泉屋運営の霊園一覧
Funeral Link 泉屋葬儀・家族葬サイトリンク