浄土宗のご本尊と歴史

ご本尊

阿弥陀如来(あみだにょらい)

脇侍

ご本尊に向かって右側…高祖善導大師
ご本尊に向かって左側…元祖圓光大師(法然上人)

浄土宗の本尊と脇侍

宗祖

圓光大師(法然上人)(1133~1212)

宗紋

浄土宗の宗紋

お唱えする言葉

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

経典

『阿弥陀経』『観無量寿経』『無量寿経』

本山

総本山

知恩院(華頂山知恩教院大谷寺)
京都市東山区新橋通東大路東入、林下町

各派(西山三派)

西山浄土宗 光明寺 長岡京市粟生西条ノ内
西山深草派 誓願寺 京都市中京区新京極桜之町
西山禅林寺派 禅林寺(永観堂)京都市左京区永観堂町

教義

阿弥陀仏の本願を信じ、「南無阿弥陀仏」を唱えれば、すべての苦しみから救われ、日々安らかに送り幸せな人生を全うし、阿弥陀仏の浄土に生まれることができるとしています。

浄土宗の歴史

 浄土宗は、インドでおこった浄土教がもとになっています。その教えは、極楽にいる阿弥陀如来の名を念じていれば、どんな罪も苦しみも消え、明るい安らかな毎日を送れ、そのままの姿で浄土に生まれることができるというものです。
 比叡山で厳しい修行を続けても満足のいくような救いを得られなかった法然は、中国の僧が著わした書物に出会い、一心に「南無阿弥陀仏」と声に出して唱えることこそが救いの道だと決意します。
 やがて法然は比叡山を去り、京都に出て教えを広め始めたのです。しかしその後、大きくなった教団に対して反発が強くなり、念仏停止の命令が出たり、法然も四国に流されるなど、さまざまな圧迫を受けました。 後に帰洛を許された法然は、建暦二年(1212)にその生涯を閉じるまで、全力で布教に取り組みました。

泉屋運営の霊園パンフレット・仏事の基礎知識の資料請求・お問い合わせ
泉屋運営の霊園見学のご予約フォーム
Shop List 泉屋仏壇店一覧
Soul Garden List 泉屋運営の霊園一覧
Funeral Link 泉屋葬儀・家族葬サイトリンク