仏壇仏具・寺院仏具・葬儀・お葬式・生前予約・霊園墓石の泉屋―宝暦四年(1754年)創業260年の信頼と実績

ホーム > ご挨拶

縺疲肩諡カ

宝暦四年(1754年)創業。250年のゆるぎない信頼と実績。

宝暦元年6月、八代将軍徳川吉宗が亡くなり、12月には後を追うように名奉行・越前守大岡忠相が世を去りました。
幕府を継いだのは吉宗の長男徳川家重。泉屋が池田屋として号して現在の大阪市中央区に創業したのは、この頃のことです。

以来250年余にわたり、仏壇・仏具を通じて多数のお客様の心の安泰をお守りしてまいりました。
代々引き継がれてきたのはお客様への「真心」。
手をあわせた形をトレードマークとしていますのも、社員一人一人が感謝と真心をもって自らの責務を全うするようにとの思いを込めたからです。

最高の品質とサービスをご提供できるよう全力を尽くす。
その日々の努力が、250余年の長きにわたる信頼と実績に結実してきたものと確信しています。

これからも「真心一筋」で、お客様のご要望に誠実にお応えしてまいります。

企業理念

我々は、社会を構成する人や物によって支えられていることを認識し、常に感謝の気持ちを持って日常業務にあたる。

我々は、日常業務を通じて、顧客に充実したサービスを提供し、多くの人々にこころの安らぎとくつろぎを与え、社会の精神文化の向上に貢献する。

我々は、日常業務を通じて、地域社会に貢献し、事業の反映に尽力する。

我々は、伝統産業を引き継ぎながら、単に古いものにこだわることなく、時代に合致したよりよい形のものを次代に継承する使命をもつ。

我々は、英知に基づく創造性と、確信に裏付けられた実行力をもって生産性を高め、業績の発展に努める。

我々は、会社の繁栄とともに社員の生活の向上をはかり、優れた社会人としての資質の育成に努める。

我々は、常に時代の趨勢(すうせい)を読んで機先を制し、適時、瞬時に事態に対応することに努める。




急速に変化していく現代の社会と私たちの生活。
その中にあって泉屋は、変わることのない人間の真実を見つめ続けてきました。
それは脈々とご先祖から受け継がれてきた心のよりどころであり、心のふるさとであるお墓やお仏壇、また形式はいかようになろうとも、現世から旅立つ者を見送る哀悼の心です。
そうした人間の誠の心、真実の想いに、泉屋もまた誠を尽くし、心を尽くしてお応えしたいと、営々努力を重ねてまいました。
おかげさまで250余年にわたりご愛顧をいただき、仏壇・仏具から葬祭の施行、墓石・霊園まで、心の安らぎをトータルにおとどけしています。
これからも、よりよい品質の商品を、徹底したコスト削減により、ご満足いただける価格で販売し、安らぎをご提供できるコンサルティングサービスに徹してまいります。

また、情報処理システムによる管理、支援体制の充実を第一として、省力化と少数精鋭主義に徹して一層の顧客満足の向上に尽力してまいります。
超高齢社会という未曾有の時代を迎え、私たちが社会貢献できる分野で積極的に挑戦していく所存です。
すでに介護や生活支援といった、いま必要とされるサービスの中で、泉屋のノウハウを活かし、支援サービスのご提供を始めています。

泉屋は、今後も新たなビジネスフィールドへのチャレンジを続けてまいります。
どうぞ一層のご愛顧、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。